ダーツのレーティングが上がらないのは当然だった件

2019-09-14

レーティング上がらない

 

こんにちは、フミです。

 

今回は

「レーティングを測り始めたけど、

なかなか上がらなくて辛い」

という人に

 

“なぜレーティングが上がらないのか"

お話しします。

(注:今回はあくまで期待値上の話なので、参考程度に読んでください。)

 

この記事を読めばずっと気持ちが楽になって

ダーツを気楽に楽しめるようになりますよ!

 

スポンサーリンク

レーティングは簡単には上がりません

ショック

 

先日こういったつぶやきをしました

https://twitter.com/fumingdarts/status/1168492298121834497

 

本当にレーティングが停滞してる時って

しんどいですよね。

 

そんな人のためにも、

この”気づくタイミング”がいつなのか

ちょっと考えてみました。

 

レーティングが上がらない理由はダーツボードにあった

ダーツボード

 

「レーティングってやればやるほど

上がるはずだ、だから上がらない自分はおかしい」

 

こんなこと考えてませんか?

 

結論を言うと

”全くそんなことはないです。”

 

なぜならば、ダーツボードの点数の期待値が

プレーヤーの技術の向上と

単純な比例関係にないからです。

 

どういうことかというと、

ダーツって基本的に01であればブルを狙いますよね。

 

ということはほとんどの人は

インナーに3本入れることを

最終ゴールとしているはずです(違いますか?汗)

 

そうするとダーツプレーヤーは

ボードの中心に近づけていく練習をするわけですね。

 

そこで僕はこんなもの作りました

 

これはなにかというと、

投げたダーツがボートの中心から

半径どれくらいの中に収まってるかによって

 

点数の期待値がどれくらいかを計算し、

それがレーティングのどこに相当するのかを

計算した表です。

 

詳しい説明は省きますが、

注目していただきたいのが、上昇率です。

 

半径が1小さくなるときの

期待値の上昇率を表しています。

 

常に一律で上昇しているわけではないどころか、

落ちている範囲すらあります。

 

そうなんです。

 

ダブルの内側に入るようになったり

トリプルの内側に入るようになると

 

キャッチで高得点にはいることがなくなるので、

点数の期待値は下がります。

 

不思議なことに、

ダーツがうまくなるほど(序盤においては)

取れる点数が下がるんですね。

 

レーティングで考えると、

キャッチがなくなる分、落ちます。

実際に表を見てみても

 

(オレンジがトリプルゾーン、上に行くにつれて半径は狭まる)

レーティング

 

トリプルに入らなくなってくると、

ガツンとレーティングが落ちてますよね(笑)

 

まぁ厳密に言うと、レーティングは単発ではなく、

それまでの平均値で計算されているので、

ここまでガツンとは落ちません。

 

ただ、レーティングが停滞、むしろ落ちるのは

想像に難くないですよね。

 

他にも、各レーティングの滞在期間を見てみると

 

 

圧倒的に初級者〜中級者の道のりが

長いことがわかりますね!

それに比べて後半の伸びったらないですよね。

 

こりゃ挫折者が出ても仕方ない。。。

レーティングだけグラフにしてみると

 

(右に行くにつれて半径が狭まる)

 

どんだけ停滞期長いのよ、と。

 

ただ、これが真実なんです。

 

だから安心してください!

 

あなたは成長しています!

ただ、レーティングが追いついてないだけなんです!

 

そして、僕の言う”気づくタイミング”

このグラフの2回目の上昇のときです!

 

そこからはドカンとレーティングが

上がることもあるので、

 

辛抱強く頑張っていれば

明るい未来が待ってます!!

 

ここまでが今回のテーマにおける僕の結論です。

 

 

ここからは、

「じゃあどうやったらレーティングをあげられるの?」

という質問ついてお答えしたいと思います。

 

レーティングを早く上げるためには?

ダーツ

 

先ほどの表をみた人ならわかると思いますが、

初級者〜中級者の道のりが長いのはもう真実ですので

 

”練習量を増やす”これが絶対です。

 

具体的に練習量を増やすにはどうするかというと、

 

・お店に通って投げまくる。

・家で投げまくる。

 

の2パターンです。

 

お店に通いまくって練習する。

 

僕は最初この方法で頑張ってました!

大手ネットカフェのア○レシオさんで

ダーツライブ3をひたすら投げてましたね。

 

友達と一緒に投げるもよし、

そこで初対面の人と投げるもよし、

これができるのが外投げのいいところですよね。

 

ただ、如何せん出費がかさむんですよねこの方法

お金をたくさん持っている人であれば、

外投げだけでも十分かもしれません(笑)

 

僕はそこまでのお金は持ち合わせていなかったので

ダーツボードを購入し、家で投げるようにしました。

 

家で投げまくる。

 

結論としては、

家投げしてる人に外投げしてる人は

勝てないんじゃないかな?

って思うくらいレベル上がりました。

 

だって想像してみてください。

 

それまでは外に出て、

お店に行かなきゃ投げられなかったダーツを

朝起きた瞬間から投げられるんですよ。

 

買った当初は

革命かと思いましたよ。

そりゃレベル上がるわ!!って

 

練習量の差が持ってない人と比べたら

10倍以上はあるんじゃないですかね。

 

ただ、だからと言って

外投げはやらなくていいわ!って

ならないのが面白いところ(笑)

 

僕が買ったのはゼロボードだったんですが、

音が鳴らなかったり、

オンライン対応してないのが意外と寂しい

 

結局、外投げは頻度は減ったものの、

友達と対戦したり、

だれかと対戦するために行きましたね。

 

ただ、明らかに家投げができるようになったおかげで

外投げの価値が高まりました。

 

“家投げで練習→外投げで実践"という感じですね。

 

僕はこれが最短のレベルアップルートだと思ってます。

 

もしまだ家にダーツボードがなく、

「早くレベルアップしたい!」という場合は

 

すぐにでも購入することをおすすめします。

 

今一番おすすめなのは

グランボード3です。

ダーツ ボード グランボード3 (GRANBOARD 3 GREEN) [ダーツボード ダーツ ボード GRANBOARD3 オンライン対戦 送料無料]

 

というか僕が欲しいです。次のボード買うとしたらこれに決定です。

 

オンライン対応してて、アプリでデータも管理できる。

 

いやぁ、これ買ったら今度こそ外投げ行かなくなるか?

とすら思うくらいです(笑)

 

たぶん行きますけど。

 

もしグランボードはちょっと高いなって方は

グランボードダッシュをおすすめします。

 

Gran GRAN BOARD Dash リニューアルモデル グリーン×レッド(フェニックスカラー) グランボードダッシュ ダーツボード ソフト
created by Rinker

 

グランボード3ほどビカビカしたりしませんが、

オンラインも対応してますし、

必要最低限の昨日は兼ね備えてこの値段はお買い得だと思います。

 

あと、設置をする際は

 

突っ張り ワイヤーネット 幅60 SP-60 突っ張りラック 突っ張りパーテーション パーテーション パーティション スクリーン 間仕切り メッシュハンガーラック 隙間収納 【送料無料】 山善/YAMAZEN/ヤマゼン 0911P
created by Rinker

 

こちらのパーテーションがおすすめです!

壁に穴を開ける必要もないので賃貸でも設置可能ですね!

 

僕も実際こちらのパーテーションにゼロボードを設置して

使用してました!

 

まとめ

 

今回は

「レーティングを測り始めたけど、

なかなか上がらなくて辛い」

という人に

 

・ダーツボードの構造上気にしなくていい

・練習量を増やせば解決!

 

という流れで解決方法をお話ししました。

 

もし今レーティングが停滞気味で嫌になっていても、

安心してくださいね!!

絶対にいつか登っていきますから!!

 

スポンサーリンク